FC2ブログ

温泉サルに糖尿病が蔓延

王立地質学会は今月初め、ザルディン火山地域の温泉地帯に生息するサルの健康調査を行った。調査を担当したカリダ探検キャンプに派遣中のベリタ氏は、多数の個体が糖尿病に近い健康状態であるという調査結果をまとめ、同学会に報告。学会側はこれを受けて該当地区に生息するサル数頭を精密に調査したところ、糖尿病の原因は野生動物には不釣り合いな高カロリーのエサが原因であることが判明した。

観光客の中には、えびチャーハンや野菜スープなどの料理を大量に与えていたり、塩・砂糖・コショウといった調味料を延々と与え続ける姿も見られた。調査員が呼び止めると、それに応じずに現場を去ったという。

調査員は「おそらく、長期間にわたりあのような高カロリーのエサを食べ続けたために糖尿病になる個体が増えたのだろう。なぜ野生動物にあのようなエサの与え方をするのか理解に苦しむ。」と語った。しかし、一部は同様にエサを与えられながらも、健康面に問題のない個体が発見されており、サルが入浴している温泉に何らかの改善効果があるのではないかと見て調査を続けている。

テーマ : マビノギ
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR