FC2ブログ

ブルードラゴンの意識回復 原因は流れ星か?

5日から意識不明となり治療を受けていたザルディン地域のカリダ湖畔に住むブルードラゴンのレガトゥス氏が7日夜、2日ぶりに意識を回復した。レガトゥス氏は、5日午後に意識を失って倒れているところを発見され、ザルディンキャンプのケルピー氏を中心とした医療チームによって応急処置を施されていたが、7日夜になりようやく意識を回復。現在容体は安定しているという。

レガトゥス氏が意識を失った原因は不明で、氏も当時の状況を話そうとはしていない。医療チームは、後頭部や体の数か所に星形の真新しい痣がみられることから、流れ星に直撃した可能性があるとみている。カリダ湖では、5日午後から毎夜間に3回、流星群の一部と見られる流れ星が観測されており、年に一度あるかないかという希少な天体ショーを観測しようと多くの旅行者や冒険者が集まっていた。現場に居合わせた冒険者は、定時徘徊に飛び立ったブルードラゴンが流星群の降り注ぐ中を縫うように飛行している姿を目撃している。しかし、流星の観測に熱中していたためか、ブルードラゴンに流星が直撃する瞬間を目撃したものはいなかった。

医療チームは今日から明日にかけて適当に容体を確認し、問題がなければぼちぼち撤収する、と語った。

意識不明から回復したレガトゥス氏

【写真】意識不明から回復したレガトゥス氏

テーマ : マビノギ
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR