FC2ブログ

「小さい玉」はBB弾?冒険家組合が調査開始

ダンバートン官庁のエヴァン氏は22日、謎に包まれたアイテム「小さい玉」の正体を突き止める手がかりとなる可能性を示唆し、冒険家組合に本格的な調査を行うよう進言した。「小さい玉」はエリン各地の樹木や植え込み、街灯、ベンチ等を殴打することで発見できる球状の物体で、緑や赤、青、銀色といった種類が確認されている。一部では、インプが隠したものという説もあるが、その正体は明らかにされていない。

今回、エヴァン氏が進言を行った背景には、ミレシアンから「小さい玉はBB弾ではないか?」との指摘を受けたことにある。BB弾とは、ミレシアンの世界に存在する玩具用のアイテムで、小さな球状であることや、青、緑、オレンジといった色彩が施されていることなどから非常によく似ているという。また、一昔前は道端や公園の片隅などで発見できたという証言もあり、「小さい玉」と類似する点が多い。

ミレシアンの世界では、BB弾を射出するためのエアガンと呼ばれる遠距離用武器を持った数名が、敵と味方に分かれて擬似的な戦闘を体験する遊戯があり、路上や公園で発見されるBB弾はその遊戯で使用したものの残骸と推測されている。ミレシアンが同士で擬似的な戦闘を好むことは、エリンにおいても「PVP」と呼ばれる実践レベルの戦闘を行う姿がしばしば目撃されていることから顕著であり、エリンに散らばる「小さい玉」は、PVPで使用されたBB弾が樹木や街灯などに引っ掛かり、それが殴打した振動で落ちてきているのではないか、と推測することもできる。

BB弾がどのような経緯でエリンに持ち込まれたのか、あるいはBB弾に似せた物をミレシアンがエリンで作り出したのか。冒険家組合は進言を受けて近く本格的な調査に乗り出す。

テーマ : マビノギ
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR